人気ブログランキング | 話題のタグを見る

抗がん剤が増量された part1

『薬(抗がん剤)を飲まないという選択は出来ない。倫理的に。』

施設の医者が言い放った。




昨日、施設の看護師より、

『休み明けの採血の結果で、医者が話をしたいといっている』と、呼び出しの電話があった。


今日、息子と行ってきた。




指定の時間より早く行き、ギフの意思確認を息子にしてもらった。



『薬がこれ以上は増えるのは嫌だね』


『もっとお酒が呑めるようになりたい』


『もう、歳だしさぁ、これ以上(治療)はいいよ~』


などと、流暢に答えていた。



じゃあ、今からの話し合いで、

しっかりギフから医者に話をしてね。


と、言うと、途端に表情が変わり、


『医者に言われたら、そうするしかないんじゃないの?』と。



そんな訳ないじゃん。治療受けるのはギフなんだから!ギフの意思が大事なんだよ。


と、言ってみたところで、ギフが本心を医者に伝えられるとは思えないんだけど…



話し合いには、ギフも参加してもらうように説得した。




予定の時間45分近く過ぎても、話し合いは始まらず、

ギフと話をする。



その間、ギフは、


『延命はしなくていいから』


『もう、薬はいいよ』


など、言っていた。


ギフ~私たちに言ってもダメなんだよ。医者に言わなきゃ!




先日ギフに差し入れたお寿司に、ハート葱が~
抗がん剤が増量された part1_d0344234_18283527.jpg



この施設付きの医者は、人の話を聞かないタイプ。


で、


絶対に曲げない強固な意思を、押し通そうとする。



息子や、私が話をしていても、途中から話に割って入り、

それさっき、聞きましたから❗な、話を繰り返す。


ギフは、目をパチクリさせながら、時々、私と目があうが、次第に表情が固くなっていく。






医者の話と家族の話は平行線で交わらないし、

らちが明かないので、



私がギフに、ギフ自身がどうしたいのかを聞いてみた。


『何が?』

すっとぼけた返事は、想定内。


『先生が、薬を増やすと言っている。ギフは、どうしたい?薬を増やすか、現状で行くのか?』


と、説明をしていたら、医者がまた話に割って入り、


ギフに長々と説明を続ける。



ギフは、理解できていない。

ギフが理解できていない事を、医者は理解できていない。




ただ、はい。はい。と、繰り返すのみのギフ。


で、最後に『じゃ、薬を増やしますね。』

ときて、


ギフは『はい』と返答をした。


そうくると思ったよ…はぁ。



はいと返事をしたギフに私から

『薬が増えることに納得したんですね?』と、

確認すると、頷く。




ギフは、身内に医者がいて、小さいときから絶対服従の怖い存在だったため、


『医者』という存在に対し、卑屈にまで従順である。



そのため、この結果はマジで想定内だったけど、


ギフが選択したンだから、仕方ないね。






肝機能や腎機能が低下しているのは、白血病が悪化しているからだと、主張を繰り返す医者。

血液内科が専門ではないといいつつも。



これ以上、余分な薬を飲ませたくはないと、息子が何度言っても、聞き入れず。




時間ばかり経ち、話し合いが終わらないため、

『ギフが増量でいいと言っているから』私が話を切った。



医者は、『1つじゃ効かなくなるかもしれないが、若い人は1度に3つ飲んでいる人もいるから、そのくらいまで増やしても大丈夫だから』


などと言い出す始末。


『服薬数を変えるときは、再度検討してください!』と伝え、話し合いが終わったのだか、



席を立ち離れようとした際に、医者から冒頭の言葉を吐かれたのだ。



はぁ?!と、思ったけど、今からまたバトルを始めるには、息子の仕事の関係上時間がなく諦めた。





いちいち私をイラつかせる担当の看護師。


裏表があるってのが、一番嫌なんだけど、


アニメ声で媚を売るように話すのも、堪らなく嫌なんだよな。



話し合いが終わり歩くギフに、アニメ声で話しかけていた。


残念だけどギフは、この看護師はタイプじゃないらしい。







84歳に残された時間は、どのくらいあるんだろう。

帰宅してからも、悶々とする。


頭も微妙に痛い。



血圧を測ったら、こんなだった。


抗がん剤が増量された part1_d0344234_18283742.jpg




part 2へ続く













































































by gihuben | 2017-05-12 17:27 | つぶやき | Comments(0)

私たちは食べたもので出来ている


by gihuben